テーマ:読書

レンタルなんもしない人(3)

3冊目の『レンタルなんもしない人のもっとなんもしなかった話』を読みました。 日本の一部の地域でのみ発生し、継続できるサービスのような気がする。そもそもこのサービスを受ける人たちの環境を詳しく知りたい。 この3冊で書かれている依頼内容は大きく2つに分類される。  1)いろんな人間関係を健全に維持している人にとっては必要な人をピックア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンタルなんもしない人(2)

動画サイトをググってみると本物のレンタルさんが登場して自分について語っていた。 出演依頼した側はレンタルさんを否定的なコメントをするでなく、腫れ物にさわるような扱い(と書くのはオーバーか) 動画によると今は1依頼10,000円の有料サービスにしているとのことで、それでも申込が絶えないようです。 有料でもこれだけ利用者がいるのはすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンタルなんもしない人

今年に入って国産ドラマを時々見るようになった。 お気に入りのタレントだったり、ストーリー仕立てだったり。この #武漢ウイルス (#coronavirus) 起因の第3次世界大戦で、TV番組が作れなくなって過去好評だったドラマの再編集、再放送だが、当然好評だったドラマ故、面白いし、見ていなかった作品は新鮮だ。逃げ恥、光源氏くん、派遣の品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの人生、片付けます 読みました

垣谷美雨作品はこれで3冊。 お片付けヘルパーのおばちゃんが対応する4つの片付け  1)清算  2)木魚堂  3)豪商の館  4)きれいすぎる部屋 書評 ※@§¶ΞΔ%#ΘΠΦδЖШ でした。 (20180925) Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー【日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七十歳死亡法案、可決 読みました

垣谷美雨作品2作目。この作者はどんなおネエちゃんなのかとググってみた。ネット情報によると暇オヤジと同じ日本をダメにしたB級戦犯世代のオバチャン。思考ロジックの波長が合うなぁと思っていたら暇オヤジとおんなじSE上がりとか。(残念ながら暇オヤジには彼女のような文才が無いのでここで雑文を書いているだけですが) 本作は表題の法案が可決された東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後の資金がありません 読みました

新聞に掲載されていた広告を見て地元図書館の書籍検索でググってみた。すると珍しい事に蔵書されていたので即予約。1月近く比較掛かって手元にやってきた。 結論から言うとけっこう面白く楽しく読み終えた。 都心の3LDKマンションに住む4人家族の主婦A子さんが主人公。  ●A子さん(地方の名家出身で現在は非正規雇用の事務員)  ●夫は57…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人ホームの素敵な話 読んでみました

新聞に広告が掲載されていた。借りたい本の無い図書館で検索すると案の定蔵書されて無く近隣の図書館から又貸ししてもらった。 施設でこんな話ありました、あんな話もありました、そんな話もあったよねのエピソードを並べられた本。 施設にはいろんな人いますよね。10人と接すると100個以上嫌なことがあるだろう、しかし一人1個くらいは楽しい事もある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんまり聞きたくない言葉だけど

無意識に自分が該当すると思っているのか『老後破産』と言う言葉がチョコチョコ耳に入る。図書館の署名を検索すると見つかりまし。とりあえず2冊借りて読んでみた。 Case1  独身男性職はチョコチョコ変わっていた。年金制度はあったが掛金を収めてない会社や非正規雇用で満額支給されない。 受給額は95,000円程で家賃60,000円、1日の食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終の棲家(5)

画像の本『老人ホーム大倒産時代の備え方』を書店で見つけて地元の図書館へ行った。例によって比較的新しい書物は蔵書されていなくて、近隣都市の図書館から入手してくれて、読むことができた。 タイトルの内容からどんなホームが倒産すると書かれているのかを期待したがそんな記述はほぼ皆無。 普通に考えられる素人経営、利益追求のホームは良くないと…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

君たちはどう生きるか

書棚を断捨離したのが2015年、読書量は現役時代に比べ半分以下になった。断捨離以降、小説は電子書籍、雑誌はPC専門書を月1冊、他の書籍は図書館、週刊誌は立ち読みしているが、気づけば書棚がなにやらいっぱいになりつつある。  昨年漫画化され、新聞にも広告が出たり、評判の記事が書かれたりしていた『君たちはどう生きるか』がときどき立ち読みして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終の棲家(4)

暇オヤジが現役のころパソコン雑誌にパソコンソフトランキングという記事が毎年1回定番で掲載された。 日本で事務処理をパソコンで始めたころは16bitのNECのPC98シリーズで中心でOSはDOS。 1990年にDOS/Vが発表され、1991年にWindows3.1が出荷され、PC98の王国は崩壊した。 そんな中でDOS~Window…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

終の棲家(3)

ちょっと前の雑誌(ムック)の『老人ホームランキング』(ダイヤモンド社 2016年)を図書館で借りた。 施設はここ2年で様変わりしているかもしれないが前回借りた3冊より得られる知識が多かった。 得た知識のの整理に時間がかかるので次回以降にもボチボチカキコすることにして、今回はいろんな施設の選択について 自立している状態で入れるホ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

終(つい)の棲家(2)

久しぶりに終活ネタ ざっくりした終(つい)の棲家の分類は以前レポート(*1)したが、大きな分類は理解できても、詳細はほとんど理解していない。まして良い施設の選び方などまったく分からない。 終の棲家は老人ホームになりそうということだけはなんとなく分かるので、詳細に知識レベルを向上しようと図書館で本を借りた。 結論を先に書くと、暇オヤ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

リタリア後の趣味

南米旅行は参加者3人(暇オヤジ夫婦+江戸のおじさん)と添乗員さんの4人だった。 添乗さんは「少人数なので個人旅行の感じで行きましょう」と出発前の連絡電話で話してくれたチョイ豪傑型添乗員。 経験も豊富、細かい気遣いもあり旅行中は楽しませてくれた。おそらく暇オヤジの子供世代で自宅では母親と一緒に暮らしておられるようだった。 夕食時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金の終活 読みました

こんな趣旨で書かれています。(1)残った人が始末に困らないように ・現預金/貴金属は明確に分割できるので相続が容易  ・不動産(自宅)は現金化するのか誰かに住んでもらうのかによって処分の方法が異なる  ・その他、自動車、自動二輪、書画骨董など資産価値のあるものの処分方法  ・気づいていない人が多い借地権など (2)相続が争族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暇オヤジと暇バッチャンの終活

リタリア(仕事を辞める)→断捨離→終活 こんな感じかなと頭に描いていた。仕事を辞めたのが2009年4月なので暇オヤジになって8.5年経過した、一時期身内ために動かざる得ないときがあったり何のために辞めたんやろうと思ったときもあったが、特別大きな問題もなく時が過ぎていっている。体は動かさないので筋力は落ち、脂肪は順調に増殖している。頭脳の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一億総貧困時代(雨宮処凛 著) 読みました

貧困の原因はいろいろあり、少数の策では救えないことは万人が承知のことであろう。6人に1人の子供が貧困と言われる昨今で、なんらかの対策を提案しているのかと期待して読んだが、原因分析、対策の提言はほとんど記述されていない。生活保護、介護貧困、ブラック企業の社員、福島で帰宅困難者、外国人労働者問題などの事例が列挙されているだけの内容。 救う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮に関する本 2冊読みました

田舎の図書館では古い金正日時代の本はあるが、金正恩体制になってからの本が蔵書されていない。また、他市の図書館から調達してくれるだろうと目論んでリクエストしてみた。 2冊とも2017年出版の書籍だったので他市にも蔵書されていないようで図書館で購入してくれた。 北朝鮮入門                        ちょいと左寄りかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村の図書館

暇おやじは一昨年冬、書架の断捨離と称して蔵書のほとんどを図書館に寄贈した。その前から雑誌以外の書籍は購入することなく村の図書館で調達していた。 暇おやじの住む村(大阪一マイナーな市)の図書館は図書館と呼ぶのが恥ずかしいような施設。唯一のメリットは訪館して蔵書を調べなくともネットで蔵書の検索、貸出予約できる(他施設でも当然なのかも知れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後妻業(黒川博行) 読みました

先日、笑福亭鶴瓶のトーク番組で六角精児が "後妻業の女" のエンディングにクレームを付けて監督と揉めたと言っていた。六角と同様に暇オヤジもエンディングは不満であった。でも、六角出てなかったやろ・・・、揉めたので六角のシーンはカットされたのか、監督に友人としてのコメントだったのかも知れない。(ネットを徘徊したが出演者に六角の名前は無かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムヒカ前ウルグアイ大統領

2012年リオデジャネイロでの地球サミットでの演説(*1)がネットで拡散され世界的に有名人になったムヒカ前ウルグアイ大統領。 そのムヒカ前大統領が奥さんと一緒に出版記念とやらで訪日された。TVで特集を見てると東京→京都→大阪→広島→・・・と駆け足で日本を走り抜けられたようです。 「ネクタイは政治家が本音を口に出さないように締める」等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慨世の遠吠え 読みました

ちょい右、いやかなり右、いやいや過激に右寄りな 関西ローカルのTV番組 『なんでも言って委員会NB』 がある。 そこに時々出演されている一水会最高顧問の鈴木邦男氏の対談本があるを紹介されていた。 一水会の鈴木さんは昔、街宣車に乗車していたかなり右の論客 図書館で借りてビックリ、対談の相手は内田樹氏。内田氏はかなり左の思想家。 ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年H 原作本読みました

図書館で単行本上下2巻です。珍しく漢字にルビが振られている本でした。著者がルビ付きの本読み漢字を覚えた。この本は少年少女にも読んでほしいのでルビを付けましたと注意書きをしている。(*1) 本を読んでから映画を見ると映画は少し内容が薄っぺらに思えるかも知れませんが2時間で扱える内容としては十分の出来だと思います。 本書の内容は戦前から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サヘル・ローズ

暇オヤジの自宅には2台のレコーダがある。 1台は先輩からの払い下げでDVDドライブが壊れたHDD(*1)500GBの東芝のレコーダ。 もう1台はSONYのBDZ-T70(*2)でぼちぼちSONYタイマーが秒読みに入っているかと思われるが元気に動作している。 東芝のレコーダは保存しないで見逃したくない番組を録画している。SONYレコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたへ 原作本読みました。

高倉健主演の『あなたへ』が8/25封切られました。暇オヤジは試写会でスクリーンの健さんにいち早くお会いしました。 映画の主題である逝去した奥さんの2通目の手紙の意味(内容)が分かりませんでした(*1)ので図書館で本を借りて読みました。 詳細に書くと映画のネタバレになってしまいますが、ストーリー立てとしては映画より原作のほうが良く…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

1Q84BOOK3(10-12月)読み終えました

文庫本全6冊で3.5冊は先日飛行機の中で読みました。6月8日にネットポイントをAmazonギフト券の交換を申し込んで約2週間。 第4巻(BOOK2後編)はギフト券到着までに読み終え、ギフト券が届いて(メールで番号が通知された)、Amazonで購入申し込んだ。翌々日には手元に届いていた。 4巻まで読んだ感想は、村上作品を沢山読んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ旅行 (初日)

ほぼ1年ぶりの出国です。今回は3月に予定したドイツが諸般の都合で今日になりました。 3月を変更したとき止めて別にしたかったのですが思うようにならずで半分仕方なしに参加。 例によって安いツアー(主催:H急トラピ コース番号:E340N)はまっすぐ行きません。ドイツに行くのに、関空から北京経由デュッセルドルフって往路です。(*1) K…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テーマ別記事

■■暇オヤジからのお願い■■
2019年7月のサイト管理者がリニューアルと称する改悪で基本設定をグッチャグチャにしてくれました。
泣きたいくらいアリガタイ事です。
本BLOGは元からパソコン画面での表示を意識して構成しています。見たことのないCSSをあてずっぽうで修正した結果、パソコンからだとなんとか読める形になったと思います。
可能な限りパソコンでお読みいただけますようお願いします。

最近のコメント