『日本一人負け』日韓問題でか! と思ったら

ネット徘徊をしているとまたこんな記事にぶつかった。
えぇ~ K国の一人負けならあるけどと思って読んでみると、然もありなん『日本一人負け』でした。

パーソル総合研究所が実施した「APAC(アジア太平洋地域)の就業実態・成長意識調査(2019年)」で、2月から3月にかけ、中国や韓国、インド、東南アジア、オーストラリアなどアジア太平洋地域の14カ国・地域の就業している人を対象に実施したものです。
調査結果によると、
  • 日本は管理職になりたい人の割合が21.4%と最下位。
    13位のニュージーランドが41.2%なのに比べてもかなり低い結果となりました。
    「会社で出世したい」という人も日本は2.9%で最下位でした。
  • 勤務先以外での学習や自己啓発について、
    「特に何も行っていない」が日本は46.3%で、14カ国・地域中トップ。
    2位のオーストラリアと比べて24.8ポイントも差があり、
    「断トツで自己研鑽していない」という結果でした。
  • 勤務先への満足度も14カ国・地域の平均と比べ低く、
    今の勤務先で働き続けたい人の割合も日本は最下位。
    その一方で転職意向も最も低く、「勤め続けたいとそれほど思っていないが、積極的な転職も考えていない」という状態です。
    ただ、日本は転職後に年収が上がった人の割合が4割強と最低で、日本以外はいずれも6割以上が上がっているという結果です。
    日本は年収が下がった割合(40.4%)と変わらない割合(16.4%)の合計が5割を超えており、「転職が収入増につながりにくい状況」も浮かび上がっています。
  • 仕事選びで重視する点として、
    日本は
     (1)希望する年収が得られること、
     (2)職場の人間関係が良いこと、
     (3)休みやすいこと──    が上位。
    年収は各国とも上位ですが、「職場の人間関係」「休みやすさ」がトップ3に入っているのは日本だけで、独特の傾向がありました。

こうした状態は国際競争力の低下や産業の地盤沈下をもたらすとして、改革が必要だと訴えています。 

欧米に比較するとあまり良くない企業環境も就業意欲低下の大きな要因だろうが、
未だにゆとり教育の残滓が若者を汚染しているとしか思えない。
口を開いて待っているとなんでも飛び込んでくるとまだ思ってるのでしょうか・・・・
 ・自分で創造する能力がない者は組織に属して糧を得るしかない。
    ↓
 ・高額商品を入手しようとすると高給を得ないといけない。
    ↓
 ・高給を得ようとすると上級職(高給職)につく必要がある。
    ↓
 ・企業の教育以外に自己啓発で自らの能力を高め他人に認められる必要がある
    ↓
 ・自分の実力を知っているので他所で高給を得られるとは思わない
    ↓
 ・採用する側も高い能力を求めて採用するのでなく単なる頭数合せなので転職者の給料が上がることはない
 ・どこへ転職しても給料は変わらないので転職するなら「人間関係」「休みやすさ」となる。
極めて単純な論理構成ですね。
競争しない、自己研鑽しなくても生きることができる日本の実態ですよ。

労働環境面では非正規雇用がある限り企業は教育しない。高給雇用しない、昇給しない。
福利厚生の充実とか有給取得率100%とかでお茶を濁してチャンチャンです。

働けるうちは日銭を稼いで食っていけるでしょうが、無収入になって年金で暮らすには2000万円不足するそうですよ。
働けなくなったらどうやって食っていくんですか?
暇オヤジのように「霞の天ぷら」「霞みのラーメン」「カスミのカレー」で満足する人はいいでしょうが、これらで満足するにはかなりの訓練が必要ですよ。
諸君が老人になることには「尊厳死」が認められるかも知れませんが、尊厳死なんて腹を括った行為はできないのでしょうね・・・

ねとらば → https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_nlab_20190828046/



[ロレックス] 腕時計 116610LN メンズ 並行輸入品 シルバー
[ロレックス] 腕時計 116610LN メンズ 並行輸入品 シルバー
(エルメス) HERMES ヴィンテージ ビジネスバッグ ボックスカーフ メンズ 0034 中古
(エルメス) HERMES ヴィンテージ ビジネスバッグ ボックスカーフ メンズ 0034 中古

"『日本一人負け』日韓問題でか! と思ったら" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

■■暇オヤジからのお願い■■
2019年7月のサイト管理者がリニューアルと称する改悪で基本設定をグッチャグチャにしてくれました。
泣きたいくらいアリガタイ事です。
本BLOGは元からパソコン画面での表示を意識して構成しています。見たことのないCSSをあてずっぽうで修正した結果、パソコンからだとなんとか読める形になったと思います。
可能な限りパソコンでお読みいただけますようお願いします。

最近のコメント