若者のパッションが違う

画像
2018/1/19毎日新聞(大阪版)の経済観測ってコラムに掲載された鈴木幸一IIJ会長の意見。
暇オヤジも同意見です。
最後の12行だけでも読んでください。



2018年度就職活動が3月から始まりました。→ http://net-oyaji.at.webry.info/201703/article_21.html











趣  味 : バイク NC750X DCT(2014) ← CB750c Exclusive(1980)
     旅行(いつでもどこでもいけるようになったら、懐が寒いのに気づかされた)
嫌いな物: ゴルフ 白いクラウン ケータイ
好きな物
 ラーメン : 昔、中華そばって呼んでたあっさりラーメン
        (なつかしい味を探してます)
 たこやき :銀だこのミナミ進出にがっかり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

私も若いころはサービス残業してましたが、何か?
2018年01月20日 12:08
自ら進んで残業するのと、強制するのとでは全く正反対です。子供でもわかりそうなものですが、理解できないのですね。
そもそも、1994年って、何年前の話?
技術の進歩によって、人間の労働力はより創造的な仕事に振り向けられるように
なっていきます。創造的な仕事においては、労働を強制すればするほどパフォーマンスは低下します。つまり、経営者の頭が古いブラックな企業は業績を上げられず、潰れていきます。
インターネットイニシアティブがブラック企業である事はこれで確定ですね。行っちゃいけませんよー。
おかしなコメントをしていただいた方へ
2018年01月20日 19:20
子供でも分かる内容を曲解してコメントされてますね。もう少しじっくり読まれたらいかがでしょうか?
IIJさんはサービス残業しろなんてことは書いていない。創造性のある仕事を見つけて自らの能力を発揮しようと言う意見です。会社が与える仕事を時間計算して消化するような考えでは得ることなんてありません。
貴殿は今日のおける日米の差をどのように考えられるのでしょうか?

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

■■暇オヤジからのお願い■■
2019年7月のサイト管理者がリニューアルと称する改悪で基本設定をグッチャグチャにしてくれました。
泣きたいくらいアリガタイ事です。
本BLOGは元からパソコン画面での表示を意識して構成しています。見たことのないCSSをあてずっぽうで修正した結果、パソコンからだとなんとか読める形になったと思います。
可能な限りパソコンでお読みいただけますようお願いします。

最近のコメント