姜尚中講演会に行ってきました。

画像北御堂(本願寺津村別院で開催)公開講座で姜尚中氏の講演がありました。暴れる北朝鮮、崩壊しそうな韓国がマスコミで大きく取り上げられる中で姜氏はほとんど出演されていません。(日韓問題や北朝鮮問題の専門でないので出演されないのは然りかな)
講演目的は「戦争と平和~ふたつの掟のはざまで~」でしたので、戦争と平和であれば極東問題の端っこの話でも聞けるかなと思ってましたが、暇オヤジの期待は空振りに終わりました。

姜氏の講演は、講演テーマから少し外れてるような気がした。国家が平和を声高に訴えても国民の支持がないと平和は推進しないとのこと。ここで人の生き方、日本の問題についていろんな話が出てくる
 ・『掟のはざま』とは神のルールと俗世(国)のルールの差で葛藤がある。
   戦争時に兵が敵兵を(国のルールを順守して)殺傷する。神のルールでは殺傷は許されない。
 ・自殺者が1年間で30,000人(米英の2~4倍)
 ・命の根源は人権である
 ・公然と差別がある、差別のある処に人権はない、人権の無い処に平和はない
 ・戦争がない=平和 ではない。平和は人が生き、生かされる社会であること。(姜氏は共生と言っておられました)
  現実は戦闘行為を推進する国、殺傷行為を生業にする人、武器を作る会社があり平和にはほど遠い。
 ・大国の大統領が特定の宗教、国に対し差別する
 ・なぜこうなったか、どうなっていくか・・・
   廃墟の中から懸命に生き、国を作ろうとしていた昭和30年代、40年代は昨日より今日、今日より明日は良くなる。
   子供に教育すれば、将来安定した生活が待っているとした理想的なライフサイクルがあった。
   金儲けに奔走した結果こうなった
   希望がない。
   他人を思いやるより自分のこと、明日のことを考える余裕もなく今日を生きるのが精いっぱい
   ライ病患者を隔離、知的障害者と共生できない社会
   国有財産を不正に安価に購入した者に対する声より性格保護の不正受給を糾弾する声は大きい
   大都市の繁栄は地方の犠牲に上に成り立っている(都市の電飾は地方の原発の存在で成り立っている)
   5年後すら予測できない世界になっている
   経済大国であるが児童貧困は15.3%のおかしな国になった
   日本には原発が50基ある。50発のミサイルが発射され49発は迎撃できても1発でも原発に落ちれば惨禍になる。
   北朝鮮は武力で抑え込めない。
   共生→平和→愛国→非戦
あまり良く分からない講演だった。
リタリアしたロートル暇オヤジは『今日頑張れば明日はよくなる』と信じて働いてきた。こんな日本にした責任の片棒を気付かず担いだんだろう。将来の日本をどうすべきか今の現役世代に任せるしかないが、明日の希望に繫がる世界ができるように微力ではあるが及ばずながら協力したい。
(20170310)



悪の力 (集英社新書)
集英社
2015-09-17
姜尚中

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪の力 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

世界「最終」戦争論 近代の終焉を超えて (集英社新書)
集英社
2016-06-17
内田 樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界「最終」戦争論 近代の終焉を超えて (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


趣  味 : バイク NC750X DCT(2014) ← CB750c Exclusive(1980)
     旅行(いつでもどこでもいけるようになったら、懐が寒いのに気づかされた)
嫌いな物: ゴルフ 白いクラウン ケータイ
好きな物
 ラーメン : 昔、中華そばって呼んでたあっさりラーメン
        (なつかしい味を探してます)
 たこやき :銀だこのミナミ進出にがっかり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

■■暇オヤジからのお願い■■
2019年7月のサイト管理者がリニューアルと称する改悪で基本設定をグッチャグチャにしてくれました。
泣きたいくらいアリガタイ事です。
本BLOGは元からパソコン画面での表示を意識して構成しています。見たことのないCSSをあてずっぽうで修正した結果、パソコンからだとなんとか読める形になったと思います。
可能な限りパソコンでお読みいただけますようお願いします。

最近のコメント