2018年度就職活動が3月から始まりました。

先日、早朝のバラエティ番組で合同説明会に参加している学生、企業担当者にインタビューしていた。
来年卒業者への求人はかなり活発で "売り手市場" との事
運動会をしたりVR映像を流したりで企業は学生にイイ学生を集めようと必死のようだ。
デジャブですな・・ 入社予定学生を拘束するため高級ホテルでセミナー、クルーズ船でディナーミーティング等を催していたバブル絶頂期の求人活動と同じだ。
学生からのよくある質問と言ったのが
 ・休暇はとれますか
 ・産休・育休は・・・
 ・残業は少ないですか・・
 ・がむしゃらに働きますは11.8%とか。(*1)
暇オヤジはまだ寝ぼけているのかなと思ったが、司会者が「我々の時代は仕事の場を提供してくれるだけでありがたいと思ったけど……」と話していたので、寝ボケているのは学生たちのようだ。数年前の就職は厳しい時代ならこんな質問したら即不採用だったでしょう。

会社員の給与は会社にどれだけ利益貢献するかで決まるのが正しい給与。生産性を無視した同一労働同一賃金とか、労働時間×時間単価は資本主義経済での給与体系ではない。
民間企業は利益を生まない者を飼育するのが目的ではない、企業が必要とする人材ならば報酬であろうが、休暇であろうが十分に与えられる。楽して多く報酬が欲しいって人は生産性を無視する官僚や地方公務員(上級職)になるしかない。
即戦力にならない学生達に給与を払ってでも雇用するのは将来稼いでくれる社員を育てるための投資である。育成期間中に継続雇用してもらえるように戦闘能力を高めることが最重要課題。
就職説明会の風景を見ていつも思うのは、格下大学でノーテンキに勉強もしないで遊び呆けていた学生が優良大学できちんと勉強してきた学生と同じ土俵に上がれると勘違いしている点は滑稽で悲しくもある(*2)。ノーテンキ組はあこがれの企業の説明会を受けることは排除されないが入社できることはほとんどないことを早く自覚することが重要だ。
ノーテンキ組は人気企業のセミナーに顔を出すより中堅・中小企業で光る素材を持つ企業を探すか、太いコネを持つ親族を頼るのが最良の求職活動である。
今の優良企業が20年後も優良企業かどうかは誰にも分らない。20年前、シャープが台湾資本に買収される、東芝は1兆円の赤字であえぐと想像すらできなかった。現在の優良企業への入社が困難な求職者は自分の目で20年後、光かがやく会社を選択できるチャンスである。
画像ここからが本日のレポートの本題です。
先日図書館で石井てる美の『私がマッキンゼーを辞めた理由』 を借りて読んだ(*3)。石井てる美は、NHKの #おとなの基礎英語 シーズン5 (#おときそ) のスキッドに出演していた3頭身のお笑いタレント。スキッドで英語を流ちょうに操るので何者かとググってみると出てきた情報にビックリした。東京大学修士課程卒業でTOEIC990点と、ヒラリー・クリントンの物まねで今年ブレイクする予定がトランプ大統領に敗れて頓挫。
本の内容をチョッピリ
 ・マッキンゼーに馴染めずに(精神的に追い込まれ)日常生活も破綻しそうな状況だった
 ・有名企業に就職したけど向いてそうにない。人生は1度だ。したいことをするために退職した
 ・始める勇気以上に(目標達成のために)続ける勇気を(惰性でやっててもアカンのですワ:暇オヤジ注)
 ・自分が納得すれば他人の目(意見)は気にするな
 ・未来を変えたければ自分から動くしかない

 ・仕事を続ける3つの条件、一つでも当てはまれば続ける意味がある。
   1)好きか嫌いか(給料が安くともやっていられるか)
   2)人より得意か(少ない労力で高い給料をえることができる)
   3)その先に目標があるか(続けることで自分の理想に近づくか)

 ・自分の背中を押す
   1)ダメなら引き返せばいい
   2)本当に必要な物は離れて行かない
   3)自分は自分、絶対に他人と比べない。夢を邪魔する人とは接触しない。
  
 仕事を楽しいと続けられる人はかなり幸運、ほとんどの人は生活のため楽しくない仕事に従事している
 (I think so.)
就職がこんなハズじゃなかったと感じる人は是非読んでください。(遊べないことが苦痛だって人の解決策ではありません)

この本を読んでいるとき対照的に頭に浮かんだのが電通に就職して1年未満で自殺した東大卒業生のTMさん。ネット情報によると学生時代からマスコミで活躍していて才色兼備って言葉は彼女のためにあると言えそうな容姿。
 公私とも "叩かれる" "くじける" "挫折" なんて言葉に縁が無かったんでしょう。
 就職して初めて壁にぶち当たって対処することができなかったと推測します。
 心の底から本音で誰かに相談したりすることもプライドが邪魔をしてできなかったのではないかな。
 退職することが人生の汚点になると大きな勘違いをしていたのだろう。
 できる娘なので周りの人はまもなく抜け出すと待っていたんだろう。
TMさんもこの本を読んでいれば、著者のように別の活路を見つけて自殺することもなかったのではと思うばかりです。

こんなことをつらつら思っていると数日前にTMさんの母親が "残業の上限規制100時間について、過労死を容認する" とコメントを発した。娘を亡くした母親の気持ちは計り知れないが、広告業界の巨星の電通社長を辞職させ、電通を頑張らないしょうもない会社に変貌させ、さらに日本国中の企業活動を委縮させてしまうことになることを是としているのか・・・
ノーテンキ暇オヤジの経験値では、普通の人は100時間残業を12カ月続けたって死にません。

企業は資本家の物です。
 従業員は資本家の利益を最大にするために粉骨砕身、全知全霊を傾けて努力しなければならない。
 しかし、日本の法律では不思議なことに企業は利益貢献しない社員でも簡単に解雇できない。
 (それ故、正規雇用が激減して、入れ替えが容易な非正規雇用、派遣が増え続ける)
 逆に社員は会社を簡単に辞めることができる。(これも派遣なら派遣会社が代替要員をすぐに配置してくれる)
食いつぶしきれない先祖の財産でも相続しない限り、普通の人は生きるためには働かなくてならない。しかし、仕事が合わないからと言って自殺するのは愚の骨頂、辞めちゃえばイイだけです。さっさと辞めて新しい自分の道を見つけることが肝要です。
こんな事を書くと、 社畜に成れと書いていると思われるかも知れないが、決してそうではない。
戦闘能力が高ければ高いほど、出世の階段は早く登れる。また、他社から高給で引き抜きを受けることもある。独立も視野に入る。 最後は会社のためでなく自分のためなんです。

就活苦戦の学生   http://net-oyaji.at.webry.info/201607/article_23.html
大学入学おめでとう http://net-oyaji.at.webry.info/201303/article_19.html
おときそSeason5   http://net-oyaji.at.webry.info/201609/article_15.html

*1:こんな事を書くと時代錯誤の痴呆老人と言われそうだが・・・
*2:暇オヤジも120%ノーテンキ組でした
*3:てる美さん、買わないでゴメンナサイ🙇







趣  味 : バイク NC750X DCT(2014) ← CB750c Exclusive(1980)
     旅行(いつでもどこでもいけるようになったら、懐が寒いのに気づかされた)
嫌いな物: ゴルフ 白いクラウン ケータイ
好きな物
 ラーメン : 昔、中華そばって呼んでたあっさりラーメン
        (なつかしい味を探してます)
 たこやき :銀だこのミナミ進出にがっかり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 若者のパッションが違う

    Excerpt: 2018/1/19毎日新聞(大阪版)の経済観測ってコラムに掲載された鈴木幸一IIJ会長の意見。 暇オヤジも同意見です。 最後の12行だけでも読んでください。 Weblog: ねっとオヤジは暇オヤジ (ネット親父は暇おやじ) racked: 2018-01-20 09:11
  • キャリアってしょうもないモンですよ

    Excerpt: おときそ(おとなの基礎英語シーズン5)でスキットで知った女性タレントが、ピカピカのキャリアを捨てて女芸人に転身した 石井てる美です。ヒラリー・クリントンがトランプに負けてかなり計算が狂った彼女だがジワ.. Weblog: ねっとオヤジは暇オヤジ (ネット親父は暇おやじ) racked: 2018-01-20 10:21

テーマ別記事

■■暇オヤジからのお願い■■
2019年7月のサイト管理者がリニューアルと称する改悪で基本設定をグッチャグチャにしてくれました。
泣きたいくらいアリガタイ事です。
本BLOGは元からパソコン画面での表示を意識して構成しています。見たことのないCSSをあてずっぽうで修正した結果、パソコンからだとなんとか読める形になったと思います。
可能な限りパソコンでお読みいただけますようお願いします。

最近のコメント