ねっとオヤジは暇オヤジ (ネット親爺は暇親父)

アクセスカウンタ

zoom RSS 終の棲家(9)自立型有料老人ホーム 兼賀夫妻の場合

<<   作成日時 : 2018/06/08 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

初に費用設定(特に支出費用)が正しいかどうかを収支集計表F表を俯瞰してみます。
 ・施設費用は運営者が徴収する額ですので入力ミスが無いかを確認する。
 ・生計費は生計費の平均月額が現在(入居前)の生計費と比較して吐出していないか。
  (介護状態になった時、介護費の個人負担分/おむつ代など一般家庭では分からない費用があります)
 ・予備費が適切か(大き過ぎないか少なすぎないか)
兼賀氏の設定をチェックしてみると
 ・生計費は平均225,000円/月ですのでハズレではない。
 ・予備費がランニングコスト合計の30%となってます。
  一般家庭で予備費的金額は10%前後(8〜15%)のハズですのでかなり多いように思われます。
  介護状態になると何があるか分かりません。
  収入が年金のみで手持資金の喰潰しですので不用意な支出は予備費出動になります。
  施設等で可能な限り詳細に確認し費用を明確にして精度を上げることが肝要です。
て、兼賀要蔵(かねがいるぞう)氏はお気に入りの施設EKに入居できるのか・・・
  ※兼賀夫妻のプロフィールは『終の棲家(6)』を参照

前回レポートで完成した収支集計 F表の右下に合計金額を表示している事を気づかれた読者もいるだろう。
画像画像
この8項目が該当施設への入居が可能か、また余裕を持った生活が可能か否かを判断する数字(金額)となる。
項番合計項目金額    備考
(z0)収入金額合計(年金受給合計)114,360,000    =ΣF7
入居〜退居までの収入金額(年金受給額)の総和です。
(z1)入居一時金71,000,000    (イニシャルコスト)
A表項番z1から転記
(z2)必須生計合計176,436,000    =ΣF4
施設費用の合計+生計費の合計。
事故、病気無く暮らせばこの額だけで施設での生活ができるランニングコストの必須金額
予備費として積算する入院手術費用、遊興費(旅行等)、趣味の費用などは含まれていないので無味乾燥した生活となると推測される。(と言うより理論値以外のなにものでもない金額なので生計費を削減したり、別途収入得て予備費を確保する必要がある)
(z3)最低必須資金総計247,436,000    =初期費用(z1)+施設費計z2a+生計費計z2b
イニシャルコスト(入居一時金)+ランニングコストの必須分(総生計費)
“入居時の資産(資金)+収入金額合計<最低必須資金総計” のときは該当施設で想定期間入居することはできない。
(z4)予備費合計75,200,000    =ΣF11
各自で費目及び金額設定した予備費項目の総合計。
兼賀氏の場合、“入院手術費”、“旅行/子支援”、“スポット”、“介護予備費”の4項目
(z5)ランニングコスト合計251,636,000    =z2+z4
入居一時金(イニシャルコスト)以外の費用一式
(ランニングコストの合計)=必須生計費合計+予備費合計
入居〜退所するまでに必要な資金。予備費合計が含まれるので、旅行に趣味にと華やかな老後を過ごす事が可能(笑)。
(z6)入居全費用総計320,752,000    =z1+z2+z4
イニシャルコスト(入居一時金)+ランニングコスト合計
入居一時金と含めて予定の期間過ごそうとするとこれだけ必要ですという資金総額。
(z7)入所前必要資産額206,392,000    =z6-z0
入居全費用合計−収入金額合計は年金以外に必要な資金(資産)額
施設入居後も余裕を持った生活を送ろうとすると入居前にこれだけの貯えがないと該当施設への入居は困難。
賀氏の流動資産(現預金)は6500万円、持家の処分が本人の目論の2500万円(*1)で売却できるとして、兄妹に各500万円を贈与(分与)すると合計資金は8000万円。平均的な60歳夫婦の金融資産は5000〜6000万円とする統計(*2)があるので兼賀氏の資産は多い方です。
夫婦ともに逝去して退所するまでの収入額(z0)年金受給額 114,360,000円を合算すると総資金が194,360,000円となる。
余裕を持った生活に必要な資金入居全費用総計(z6)は3億2000万円を超えてますので1億9400万円では大幅に不足する。
余裕なしの最低生活資金は最低必須費用総計(z3)245,552,000円に対しても約5000万円不足する。
ンプルの収支集計(F表)は1行目〜59行目で兼賀氏の希望の施設、希望の入居開始年(2018年)から期間、入居期間を平均寿命で試算を行っている。
67行目以降に 収支集計F表(2)を作成し、健康寿命を男71歳/女74歳、寿命を男81歳/女87歳 入所を2025年に変更(7年遅らせた)て試算してみた
7年間遅らせる事でランニングコストの減額、入居前資産の積み増しを行います。
 入所期間中の年金受領額は114,360,000円から88,440,000円になります。
 支出費用は約20,000,000円(*3)が減るので入所前資金に積増しが可能
 その他、既存資産(資金)の運用、再雇用定年後もしばらく働く、有代さんのパートタイム勤務で20,000,000円資産増額
 年金収入+元入所前資産+支出金額相当+資産増額=総資金208,440,000円(*4)となります。
ゆとり生活の入居全費用(z6)2億5000万円には及びませんが最低必須費用総計(z3)2億243万円は充足します。論理的には可能と言う事になります。
2表では兼賀氏に施設EKを利用できる試算を入居年を遅らせて行いましたが、前述のように多すぎる予備費は施設でのヒアリング等を通じて必要な費用は必須費目化し、不確定要素を除き精度高め削減等を講じる必要があります。
さらに兼賀氏は2018年から施設利用を第1優先に考えておられるそうです。そうなると利用開始を遅らせてさらに余裕のない資金計画で施設EKを利用するのでなく、『もう少し安価な施設の利用を検討するべきだ』が入居総額試算表で算定した結論です.。
兼賀氏だけでなく日本人の平均寿命は今後も伸びる傾向にあります。今回の試算は平均寿命で行いましたが、平均寿命から数年伸びたら資金不足になるような試算なら入居は無理と判断すべきです。

介護施設入居総額試算表のダウンロードは こちら
 間違ってる可能性があります。間違いにお気づきの方はご指摘いただけますようお願いします。
 また、介護施設利用者、介護施設関係者の方でこんな考え(費用)が欠如している、こうすれば良く
 なる等のご意見もいただけると幸いです。  いずれもコメント欄からお願いします。
 試算表を利用するにあたっての注意
  ・項目名称/費目名称などは自由に入れ替えてください。
  ・一部関数はノンプロテクトで組み込まれています。行/列の挿入には注意してください。
 本EXCELの利用は個人・法人を問わず自由ですが、著作権は放棄しません。
 他に転載、2次利用(無償配布のみ可)の場合も、コメント欄から連絡してください。
 (基本はすべて承認しますが、一部不承認とするメディアもございます)

※ レポート本文中の金額、画像はダウンロードした“入居総額試算表.xlsx”のサンプルシートの金額と異なる場合があります。
  BLOG本文記述中や画像取得後に兼賀氏の申告データの訂正や計算式の変更を行ったためです。
  訂正したつもりですが、漏れている事もあろうかと存じます。
  ご容赦の上、間違い探しを楽しんでください(笑)
  

付録 132行目以降に健康状態の設定を変更して3種の試算を行ってます。
 収支集計 F表(3) 健康寿命を男78歳/女85歳、寿命を男81歳/女92歳
 収支集計 F表(4) 健康寿命を男87歳/女92歳、寿命を男98歳/女100歳
 収支集計 F表(5) 健康寿命を男74歳/女86歳、寿命を男81歳/女100歳
100歳まで生きようとすると恐ろしい金額が必要となります。
おまけ 本レポートのシリーズの『終の棲家(7)』でイニシャルコストとランニングコストがあたかも50%対50%のような図を掲載しましたが大きな間違いでした。
画像ランニングコストのほうがはるかに巨額です。
介護付き有料老人ホームをご検討の方は、大きな金額の入居時一時金(イニシャルコスト)に眼を奪われますが、ランニングコストで月々支払う管理費などが“×12カ月×利用年数”で長期間入居するとなるとかなり巨額になることを頭においてください。

※兼賀さんの試算では一時金構成比が22%です。30年入居では低すぎるのようです。予備費の率が異常に高いのが原因です。30年入居だと25%〜30%で年数が伸びると構成比はどんどん下がっていきます。


蛇足 現在でも寿命と健康寿命が大きく乖離しているのに、これ以上寿命だけが延びて介護を受ける人間が増える事は日本にとって本当に喜ばしい事なのだろうか。暇オヤジの周りの親族・縁者・友人・知人には介護状態でも生きたいという意見は皆無。50年100年前なら治せなかった病が治せるようになった医術の進歩はすごい事だと思いますが、『言いたいことを言えず、食べたい物も食べられず、行きたいところにも行けず』でベッドに横たわって呼吸しているだけの人間を作るだけの医術は本当に必要なんだろうか。
研究医の自己満足と病院・施設業者の儲けに貢献しているだけで、介護される人も介護する人も疲弊するだけ。尊厳死(安楽死)を認めることも本気で考えないといけない時になっているのではないか。

終の棲家(8) http://net-oyaji.at.webry.info/201806/article_5.html 自立型有料老人ホーム利用総額試算
終の棲家(7) http://net-oyaji.at.webry.info/201806/article_4.html 自立型有料老人ホーム収支額算出
終の棲家(6) http://net-oyaji.at.webry.info/201806/article_3.html 施設比較表
終の棲家(5) http://net-oyaji.at.webry.info/201805/article_16.html
終の棲家(4) http://net-oyaji.at.webry.info/201805/article_2.html
終の棲家(3) http://net-oyaji.at.webry.info/201804/article_1.html
終の棲家(2) http://net-oyaji.at.webry.info/201803/article_8.html
終の棲家   http://net-oyaji.at.webry.info/201710/article_14.html

*1:持主は売却価格を高く考えていることが多いそうです。(買側(業者)は足元を見てるのか、売主が楽観的すぎるのか)
*2:金融資産の統計値 http://net-oyaji.at.webry.info/201308/article_3.html (ちょっと古い)
*3:2018年から入居していた場合支払っていた施設費用200,000円/月×12月×7年=16,800,000円、予備費等で節約で3,200,000円 (論理的にチョイと無理があるとうにも思う)
*4:208,440,000円=88,440,000円(年金)+80,000,000円(元資産)+20,000,000円(支出費用減分)+20,000,000円(資産増額分)




Microsoft Excel 2016 (最新 永続版)|オンラインコード版|Windows版
マイクロソフト
2015-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Microsoft Excel 2016 (最新 永続版)|オンラインコード版|Windows版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Microsoft Office Personal 2016 (最新 永続版)|カード版|Win対応
マイクロソフト
2016-12-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Microsoft Office Personal 2016 (最新 永続版)|カード版|Win対応 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

キングソフト WPS Office Standard Edition
キングソフト
2017-03-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キングソフト WPS Office Standard Edition の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
終の棲家 (10)
全国有料老人ホーム協会(公益社団法人)をご存じだろうか? 広報活動と併せて施設が倒産などのとき保証金(500万円)の支払いを行う団体です。 協会に資料請求すると一緒に送られてくるのが“有料老人ホーム基礎知識”です。 先日までレポートしていた兼賀さんの入居試算表作成で参考にした冊子です。 試算表に直接関係ないページに眼を通すと読むに値する内容が書かれてました。 送ってもらった直後に一度サラッと読んだときは、暇オヤジの知識不足ありあまり理解できなかったような気がします。 施設訪問、... ...続きを見る
ねっとオヤジは暇オヤジ (ネット親父は暇...
2018/06/12 08:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
終の棲家(9)自立型有料老人ホーム 兼賀夫妻の場合 ねっとオヤジは暇オヤジ (ネット親爺は暇親父)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる