ねっとオヤジは暇オヤジ (ネット親父は暇おやじ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮ミサイル

<<   作成日時 : 2017/08/29 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝YTVの朝生番組を見てると急に画面が変わって 《北朝鮮がミサイルを撃った》 と緊急アラート画面になった。即NHKにl切り替えて、どこに落ちるのかと画面をよく見ると北海道〜北関東に警告が発せられている。
TVからは地下街、安全なビルに避難してくれとアナウンスされている。暇オヤジの生息地は大阪の田舎町、直接は飛んでこないようなので避難の必要はなさそうだった。 

何もないようにと祈りながら15分も眺めていただろうか日本海、本州を飛び越えて襟裳沖東約2000kmの太平洋に着弾とのこと。漁船にも被害がなかったようでひとまずは良かった。そこまで確認して所用があるので家を出た。

居住地付近に落ちるとなると、どうしたらイイのかと頭を巡らしてみた。
近くに着弾した時木造の家屋にいるより頑丈な建物のほうが崩壊の可能性は低いだろうが、ミサイルが自分の居場所に落ちるか移動した場所に落ちるかはわからないので移動すべきか現在地に留まるかは判断ができないなぁ。近くに落ちる前提で頑丈な建物へ避難になるが、公共の建物で地域住民を全員収容できることは不可能。結局は警告が鳴ると死を覚悟するしかなさそうだ。

北朝鮮は駄々っ子と言うか狂人と言うか。他国のやる事なので日本政府がやっている厳しい抗議、国連を通じた経済制裁ではカエルの面になんとか。 北朝鮮から石炭を買うな より 北朝鮮に石油を売るな のほうが効果がある。 なぜか経済制裁で石油は話題にもならない。 マスコミでも北朝鮮制裁で石油を止めろと報道をしないのはなぜなんだろうか・・・
頼りにしてきたアメリカは自らへの脅威でないのでずっと口先介入だけで黙らせる実行動は起こそうとしない。 よよって、日本もアメリカも北朝鮮に舐められっぱなし。 (自らが被害を受けない限り今後とも口先だけでしょう。)

枕を高くして眠れない状態がかなりの期間継続しているが、政府はこれで国民の生命と生活を守っているといえるのか このままでは未来永劫ビクビクして生活を続けなければならない。 
暇オヤジは北朝鮮をつぶす行動に出て短期間耐えることを選ぶのがより良い選択だと思うが・・・
日本は国連の場で、『今後、日本海、太平洋、および日本各地に脅威を感じるミサイルの発射、核実験を実施した場合は北朝鮮を全力で叩く』 と最後通告してもいいのではないか。 発言するだけなら意味がないので、アメリカが同時に行動してくれなくてもやる覚悟でいなければいけない。
(やっちゃうリスクは、他国を攻撃する軍隊でないので攻撃が有効打でないかも知れない。また、C国、Rシアからの横やり核ミサイルが飛んでくる可能性がゼロではない。 逆に日本にちょっかい出すと痛い目に合うゾと "ならず者国家" や "犯罪国家" を抑える効果もあるように思うが・・・)
つぶす行動がとれないなら、日本もICBMを早期開発するしかないかもですが、そうなると不毛の軍備拡張になるのは必至ですね。

平和ボケした日本国民は国土に着弾していないので、自衛隊を出撃させることには抵抗があるだろう。
中国を筆頭に韓国からも侵略戦争という声が上がるだろうが、日本政府は現状で日本人の生命・財産を守るための行動で論戦を拡げるべき。 終日脅されている状態から抜け出す事が急務と違いますか、A倍首相





韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧
海竜社
宮崎 正弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる
扶桑社
宮崎 正弘

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮ミサイル ねっとオヤジは暇オヤジ (ネット親父は暇おやじ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる